All for children and families 富久こどもハート・アレルギークリニック 大崎こどもハート・アレルギークリニック

GREETING理事長からのご挨拶

五十嵐岳宏

こんにちは、五十嵐岳宏(いがらしたけひろ)です。

こども達にのびのびと健やかに育ってほしいという思いから、ご家族の子育てのお手伝いをさせてもらい、こども専門の医療をより多くの方々にご提供できたらと考え、2017年3月1日に医療法人社団 こどもハートを創りました。

こどもとそのご家族の笑顔と将来のため、法人の理念・方針を精一杯、初志貫徹したいと考えております。当法人が目指す医療は、お子さまとご家族から“信頼される”医療です。

医療には、医学的・専門的な方針や考え方もありますが、どんな検査や治療も、患者様の同意と納得がなければ、適正かつ的確な診療が行えません。湿疹の治療で医学的にはステロイドが必要でも、ステロイドは使いたくないとお考えの方に処方しても使用してもらえませんし、予防接種が悪いものとお考えの方に予防接種を行うことはできません。その中で、医学的な考えと患者様それぞれの考えとの間隙を埋めるのが、医師の役割です。もちろん、医療は専門的かつ正確な知識と技術を元に成り立つものですが、ただ、医療者側が一方的に押し付けるものではなく、患者様の意向や状況を汲みながらと共に創るものです。そのためには、医療側と患者様との“信頼”関係が最重要と考えております。

その信頼関係を築くために、こどもとご家族からの視点を常に考え、こどもとそのご家族のためになることであれば、積極的に取り組み、心温かい医療・サービスを提供できる“心”を持つ医療法人社団として、「こどもハート」と名付けました。

お子さま・ご家族の皆さま、医療関係者さま、保健所・保育園・幼稚園・学校関係者さま、当法人と関連する会社の皆さま、そして、当法人にご勤務の皆さま、至らぬところも多々あるかもしれませんが、みなさまのお役に立てるように、みなさまにとってよりより法人となれるように、努力して参りますので、ご指導、ご鞭撻のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

2017年9月1日
医療法人社団 こどもハート
理事長 五十嵐岳宏

略歴

  • 三重大学医学部卒業
  • 鈴鹿回生病院(三重県)にて内科、外科、耳鼻咽喉科、産婦人科、小児科、麻酔科、脳神経外科など初期臨床研修
  • 市立豊中病院小児科(大阪府)にて小児科専門として後期臨床研修(一般小児科、小児救急、NICU、ICU)を行い、その後、小児科専門医となる。以下のこども達の診療に携わる
    感染症(肺炎、胃腸炎、尿路感染、髄膜炎など)、神経(てんかんや熱性痙攣など)、アレルギー(食物アレルギー、気管支喘息、アトピー性皮膚炎など)、新生児(早産児や先天性疾患など)、血液(白血病、貧血など)、内分泌(低身長、糖尿病、夜尿症など)、消化器(便秘、腸重積など)、腎・泌尿器(血尿・蛋白尿、腎炎、ネフローゼ、水腎症など)、在宅での酸素・経管栄養・人工呼吸器管理・気管切開後管理などの在宅医療
  • 国立循環器病研究センター(大阪府)にて、先天性心疾患、不整脈、川崎病、心筋症、肺高血圧症などの小児循環器診療の研修
  • 小児アレルギー専門クリニック(大阪府)、同愛記念病院(東京都)にて、アレルギー診療の研修
  • 葛飾区の小児科クリニック(東京都)に勤務
  • 非常勤歴:豊能広域こども急病センター、高槻赤十字病院、向日葵会・まつしま病院、恩賜財団母子愛育会・愛育病院など
  • エピペン&シダトレン処方登録医師
  • 新生児蘇生法講習会インストラクター
  • 2015年10月 富久こどもハート・アレルギークリニック開院
  • 2017年3月 医療法人社団こどもハート設立